【神経による多数の脚こり・足こりの原因】 神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経の圧迫によるもの

外側大腿皮神経絞扼

鼠蹊部で圧迫される事により、大腿の外側付近に痛みや痺れが出ます。圧迫され締め付けられることを絞扼といいます。

ハンター菅症候群(伏在神経絞扼)

大腿内側のやや下方にあるハンター菅と呼ばれる部分で絞扼され、痺れなどが現れます。晴眼穴という呼び名もあります。

総腓骨神経麻痺

正座やしゃがむなどして、膝裏外側が圧迫されることにより痺れなどが起こります。

浅腓骨神経麻痺

足首の外側辺りで神経が圧迫され、足の甲に痺れなどが起こります。

閉鎖神経痛

閉鎖神経が大腰筋、閉鎖孔の膜(坐骨の穴)などに圧迫されることにより、股関節や大腿内側に痛みなどが現れます。

梨状筋症候群

梨状筋という臀部にある筋肉が、坐骨神経を圧迫することで、痛みや痺れが出る事があります。

腓腹神経麻痺

足の小指側や、外顆、ふくらはぎ外側近辺が痺れます。ブーツやきつめの靴下、靴などで神経が圧迫されることが多くの原因です。

前足根菅症候群

足の甲側にある深腓骨神経神経が、靴の影響や支帯などにより圧迫され、痺れなどの症状がでます。

後足根管症候群

足首の内側の支帯と骨の間で、後脛骨神経が圧迫され、足の裏に痺れなどが起こります。

モートン病

足の第3,4指の延長線上の足裏で、足底の神経が圧迫されて、痛みや痺れが出ます。

その他の原因によるもの

下肢静脈瘤

立ちっぱなしなどて脚に負担がかかることで、静脈の弁が機能低下し、流れが悪くなり瘤のようなものができます。

変形性膝関節症

長い間の蓄積などにより、軟骨の減少、骨の変形が起こる。歩きにくさや痛みがでる。

シンスプリント

激しい運動により、脚内側の太い骨である脛骨の下方が痛む。殆どは脛骨の骨膜が炎症を起こしている。

足底筋膜炎

足裏にある腱が、激しい運動や使いすぎにより炎症を起こしてしまう。また、似たような症状として、足の外顆の後足根管による、後脛骨神経の絞扼という可能性もあります。

扁平足

足裏の土踏まずのアーチがなくなり、足が痛んだり疲れやすくなる。遺伝、靴、歩き方が原因とされています。

外反母趾

横方向の靭帯が緩むことで、足の母趾が内側に曲り、付け根の骨が変形してしまいます。靴や歩き方が原因とされています。