【自律神経とは?交感神経・副交感神経】

人間の神経系

こんにちは、東京田園調布の神経リラクゼーション整体院、neuro relaxのShinです。今回のブログはこちらの内容です。

自律神経(Autonomic Nerves)とは?

人間の神経系

human-nerves

自律神経は、生存に関する無意識的な働きをコントロールしている神経系で、基本的に自分自身ではコントロールできません。

というのも、心臓、呼吸、内臓など生命に関わる重要な働きだからです。

だからこそ、ストレスにより自律神経の「交感」「副交感」バランスが取れなくなっても、自分自身で調節できないのです。

「交感」と「副交感」神経は逆の働きだと考えて下さい。

交感神経・優位の特徴(Sympathetic Nerves

 

交感神経は「闘争と逃走」の働きです。

・仕事
・興奮
・緊張
・恐怖
・焦り
・苛立ち

のような状態です。

短期間だと生存に関して大切な反応なのですが、その状態が日常的に続くと、下記のような交感神経優位の害が生じてしまいます。

・遠くが見えやすくなる=近くのものが見えにくくなる、眼の疲れ。

・唾液が減る=口の中が乾きやすくなる、口臭、免疫機能の低下。

・気管支が開く=呼吸が早くなるので、しっかり息を吐けない。浅い呼吸になる。

・血圧が上がる=高血圧、血管に負担をかける。

・心拍数が上がる=心臓に負担をかける。

・消化吸収が止まる=胃腸の調子が悪い、便秘や下痢を繰り返す。

・尿が出にくくなる=むくみ、身体に毒素が溜まりやすくなる

・皮膚や手足末端への血流が減る=手足の冷え

・痛みが抑制=無理をして身体に負担をかけていても気がつかない。慢性的なコリの原因になる。

・筋肉への血流量の増加=動きやすくなりますが、それが長く続くと負荷がかかりすぎてしまう。筋肉の慢性的な疲労に繋がる。

内臓や粘膜の働きも悪くなるので、免疫機能も低下し、風邪をひきやすくなる。

自律神経のアンバランスとは、交感神経優位になりすぎたり、副交感神経優位になりすぎる状態のことです。

ストレスと肥満

ストレスを受けると、交感神経が優位となり、緊張が高まり、血圧と血糖値を上げます。

そして副腎皮質からコルチゾールという抗ストレスホルモンが分泌され、細胞を修復する成長ホルモンの分泌を抑制します。

さらにコルチゾールは筋肉を分解するので、太りやすい体質にもなります。

結果的に、高血圧、高血糖、免疫機能の低下、細胞の修復の低下となり、老化、肥満に繋がります。

また最近の研究では、ストレスは身体に悪いものだと認識すると、本当に悪影響を与えることが分かってきました。

つまり、何かあった場合に、「これはストレスになる」「身体に悪い」と考えてしまうと悪影響を及ぼしてしまう認識の問題であるということです。

痛みも似たようなことがあり、痛い痛いと考えるほど痛みが増してしまいます。

それを「ただ刺激があるだけ」と認識できれば痛みは減ります。

それと同じで、何かあっても、「ただ言われただけ」と認識できればストレスによる悪影響も最低限で済む可能性があります。

食による身体の内側からのストレス。

人間関係や環境による外側からのストレス。

現実はなかなか難しいのですが、ストレス=影響 。と考えられればいいのかも知れません。

副交感神経・優位の状態( Parasympathetic Nerves

副交感神経の働きは休息です。

副交感神経が優位な状態の特徴は、リラックス、休息、睡眠、身体の修復です。

交感神経の逆の働きと覚えて置いてください。

副交感神経も過剰に働きすぎると、このような症状が現れます。

・アレルギー
・うつ
・喘息(気管支が狭くなる)
・だるい
・眠い
・集中できない
・やる気がでない
・低血圧
・食べすぎる(消化吸収優位)

しかし、何もきっかけがなく、このような状態にいきなりなりません。

交感神経が長期に渡り働きすぎた結果、バランスを取ろうと副交感神経優位になりすぎて、そのまま戻りにくくなった状態だと考えられます。

精神的、身体的休息が不足している、ある意味「冬眠」のような状態です。

その「冬眠」を起こすには、急な刺激を与えるようなことをせずに、少しずつゆっくり交感神経優位にしていくのが負担が少なく、いいかと思います。

散歩、人と会う、普段行かないところに行く、軽い運動など自分のペースで興味のあることを行ってみてください。

関連記事

  1. 肩こり

    【更年期の問題と自律神経の関係】