【神経圧迫によるコラーゲンの低下】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

コラーゲンと神経

神経が圧迫などにより障害を受けると、コラーゲンのターンオーバー(代謝)が低くなります。

神経障害によるコラーゲン率の低下は、結合組織の減少や弱化を起こします。

結果的に皮膚が薄くなる、骨に孔が空く(骨粗しょう症)を進めてしまう恐れがあります。

また、皮膚や骨以外にも、関節への影響があります。

例えば膝の周りにある末梢神経が、過度の運動や運動不足により影響を受けると、関節のコラーゲンも減少する可能性があるということです。

慢性症状