【デルモニューロモジュレーション-DermoNeuroModulation】

デルモニューロモジュレーションとは?

Dermo=皮膚(真皮)

Neuro=神経

Modulation=調整

日本語に直訳すると、「皮神経調整法」です。
21世紀のマニュアルセラピーといわれる、最新の神経科学に基づいたアプローチです。

「女性」理学療法士が生み出した理論

カナダのDianeという女性理学療法士が、最新の疼痛概念と神経科学をベースにし、45年間に渡る実践と考察により生み出しました。

皮神経という皮膚の感覚神経へやさしく触れて、心地の良い範囲で伸ばします。施術者の一方的なアプローチではなく、クライアント様と神経系の相互作用を重視します。主に皮膚のストレッチ、神経のテンションをゆるめる四肢の位置、収縮弛緩アプローチなどの、侵害受容性の刺激を与えない、快適な方法をとります。

このDNMでは、骨・関節・筋肉・筋膜・リンパ・血管だけではなく、「脳を含めた神経系」を大切にします。人に「触れる」ということは、皮膚を介して、神経系に「接触」するということなのです。

関連記事

  1. フィードバックループ

    【 空間的加重と時間的加重】

  2. 脳・中枢神経

    【統制の所在 locus of control】

  3. 脳・中枢神経

    【 前後即因果の誤謬 post hoc ergo propt…

  4. DNM-jP-HP

    デルモニューロモジュレーティング日本語版を出版しました。

  5. 脳・中枢神経

    【マインドフルネス瞑想とは?】

  6. 姿勢・構造

    【歪みはあって当たり前】

  7. 【ゲートコントロール・後根神経節のGABA】