【本当に健康的なダイエット方法】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

健康的なダイエット

毎日の地味な積み重ねこそが、身体に負担をかけずにできる最大のダイエットです。

◯食べ物

・糖質を控える

ダイエットで1番大切なのは、砂糖、米、パン、麺類を控えることです。
特にお菓子やケーキなどの甘いものを減らしましょう。またカロリー計算よりも糖質を気にすることを心がけるといいです。

・脂質はオメガ3

油は不足しがちな、オメガ3を多くとり、過剰なオメガ6を減らすこと。

オメガ3はクルミ、アーモンド、エゴマ油、青魚など。

オメガ6は植物油、ごま油。代わりに炒め物にはオリーブオイルを使いましょう。

・タンパク質

脂質の少ないタンパク質を摂ること。大豆、魚、鳥の胸肉、鳥のササミ、赤身の豚や牛。揚げ物や焼き物より、茹でたり蒸したりする調理法。また鳥の胸肉は疲労回復効果が高いのが特徴です。

・食物繊維

水溶性と不溶性の繊維を摂る。水溶性はネバっとしたオクラや海藻なと。不溶性はゴボウやレンコンなど。腸内環境のためにも必ずとること。また、葉物類などの野菜もたくさん食べましょう。

・腸内環境

発酵食品や食物繊維を積極的に摂る。毎日排便する習慣をつけること。

・間食をしない

間食をしないことが健康的なダイエットには必須の条件です。特にお菓子やケーキ、菓子パンなどは出来るだけ減らしていきましょう。どうしてもという時は、くるみやアーモンドを少し食べることをお勧めします。

・時間帯

夜は出来るだけ糖質を控えましょう。また、食事の時間が来たからとお腹が減ってないのに無理して食べないことです。たまに一食抜くプチ断食は、胃腸を休めるのにオススメです。

・良く噛む

咀嚼すればするほど消化吸収しやすくなり、満腹になります。また脳への血流も増えます。

・腹8分目

満腹になるまで食べないこと。少し足りないと思っていても30分くらいすれば、落ち着いてきます。

・薄味

薄味になれるとその分、ご飯が少なくても済むようになります。塩分が多いおかずは食欲増進に力を貸してしまいます。

◯飲み物

・カフェイン

お茶やコーヒー自体にカロリーはありませんが、何となくお菓子を食べてしまうので要注意です。
またお茶やコーヒーは、嗜好品としての飲み物だとしっかり自覚して、水を飲むようにしましょう。

・お酒

お酒も糖質が多いビールや日本酒、甘いサワーは控えましょう。また飲むとお腹が減って食べ過ぎてしまうので、ダイエット中は、お酒を我慢するのがお勧めです。

・ジュース

ペットボトル症候群といわれ、炭酸ジュースや缶コーヒーの飲みすぎによる身体への負担は気をつけましょう。かなりの量の糖質が含まれているので飲まない方がいいです。

◯運動

・散歩

運動する時間がない方は、散歩がとても良い運動となります。駅もエスカレーターではなく階段を利用しましょう。習慣化すると苦ではなくなります。

・好きなスポーツ

好きなスポーツがあれば、精神的なリラックスにもつながるので続けて下さい。もし出来れば左右対称に使うスポーツの方が、怪我や身体の歪みが出にくいのでお勧めです。

◯ストレスを溜めない

ストレスを溜めると楽しみのために食べ過ぎてしまいます。また、やる気がでなくて、だるくなり運動不足に陥ります。
酒の量が増え腸内環境も悪化し、甘いものも欲しくなります。自然と夜に食べる量が増え、負のループに陥ります。ストレスは出来るだけ軽いうちに、運動・楽しい会話・笑いなどで小出しに発散することがいいと思います。