【DNIC・痛みで痛みを消す】

頭痛

こんにちは、東京田園調布の神経リラクゼーション整体院、neuro relaxのShinです。今回のブログはこちらの内容です。

DNIC・痛みで痛みを消す

広汎性侵害抑制調整

DNICのことを日本語ではこのように言います。外からの刺激によって痛みを抑えることです。

頭痛

Head-ache

外からの刺激は3種類あります。

①機械刺激
②熱刺激
③化学刺激

③化学刺激

化学的な物質に触れるということ。

②熱刺激

熱いものや冷たいものに触れると、主訴の痛みが感じなくなる。熱いお灸や、氷で冷やすことの化学的根拠です。

①機械刺激

外部からの強い刺激です。簡単にいうと、痛みを与えることで本来痛かった場所が、痛くなくなるということ。つまり、「鍼を刺す、強い指圧、強いマッサージ」などの化学的根拠の一つです。痛みや刺激で、本来の痛みを少しの間感じなくなるのが、DNICという働きです。痛い所と関係ない所をつねったり叩いたりすると、一時的にはじめの痛みが感じにくくなると言う現象です。

「痛いのを我慢すればよくなる」という手技療法はDNICが大きく関与しています。
中枢神経への影響を変化させているということです。その代わり組織への悪影響も考えられます。

▽強いマッサージや指圧の問題点

※DNIC 「diffuse noxious inhibitory control」

関連記事

  1. シナプス

    【神経伝達物質】

  2. 脳・中枢神経

    【プラシーボ効果・ノーシーボ効果】

  3. 頭痛

    【頭痛の様々な原因】

  4. 眼精疲労

    【めまいの原因と自律神経】