【自律神経・神経による眼精疲労】

 

眼精疲労について

眼精疲労の原因の多くは、スマートフォン、パソコン、
読書など、近くの物を長く見ることです。

自律神経と目の筋肉が疲労

目の動きをコントロールしている
筋肉の使いすぎによる疲労です。
PCやスマートホンなど常に近くを見つめ
、固定的に目を使うために起こります。

また、仕事中は交感神経優位になります。
しかし目は交感神経優位の時は、
遠くを見やすくなっています。
近くを見るのに交感神経優位という
アンバランスによる
自律神経の疲労もあります。

視神経への情報過多

視神経への情報入力が過多で、
脳が疲労してしまいます。

目の休息や睡眠が不足

目を閉じている時間が少なく、
睡眠時間自体も減っている方が
多くいらっしゃいます。

眼精疲労の場合、
これらの事が毎日繰り返されてしまいます。
目の使い方の偏りも、
利き目があるため、
首や肩、上半身も偏って
緊張しやすくなってしまいます。

視神経による眼精疲労

視神経炎

視神経が炎症してしまい、
目の奥に痛みが出ます。

視神経症

視神経への血管自体が、
滞ることで起きます。

緑内障

眼圧が何らかの影響により高まり、
視神経を圧迫して起こります。

三叉神経痛による

三叉神経が何らかの理由により
炎症、浮腫、過敏な状態になり
痛みが出ることがあります。
この神経は顔の骨から多数分枝し、
表面に出ています。
精神的なストレスや緊張も
大きな原因の一つです。

まぶたの痙攣など筋肉系(運動神経)の問題では、
顔面神経の緊張が考えられます。

その他の原因

副鼻腔炎、蓄膿症、脳腫瘍

これらが原因で、
目の奥に痛みや違和感が出ることもあります。

ドライアイ

交感神経優位で、涙の分泌が減ると起こります。
また目の使いすぎ、開きすぎもあります。
副交換神経の働きを促すように、
睡眠や休息、深い呼吸なども効果的です。

目を休ませ、睡眠をしっかりとり、遠くを見て、
筋肉の使い方を変化させていきましょう。

感覚器の情報の内、
視覚は80%使っていると言われています。
目にとっても、脳にとっても
目を休める日を作るといいです。