【頭痛の様々な原因】

頭痛の様々な原因

頭痛

慢性的な頭痛には、3種類あります。

①筋肉が緊張して起こるもの

筋肉が緊張しておこる頭痛は、
目の疲れ、姿勢による
頭や首の過緊張があります。
ストレス、緊張などが原因とされています。

②脳の血管が原因のもの

脳の血管由来の頭痛は、
脳の血管拡張により起こります。
一度収縮した血管が、
反動で拡張すると
その時に頭痛が起こります。

③大後頭神経の緊張によるもの

後後頭神経の緊張による頭痛は、
パソコンの姿勢などにより
後頭部が緊張して起こります。

その他の要因

また顔にある三叉神経の
興奮と緊張により
起こることもあります。

さらに雨の日など頭痛が起こる場合は、
低気圧による影響も考えられます。
地上の圧力が減るため、
緊張により収縮していた血管が、
二次的に拡張する為です。

別の要因として考えられることは、
血管の炎症によるもの、
血管が拡張して神経を圧迫するもの、
その他緊急性を有するもの、
などがあります
(その場合は、早めに病院に
行かれることをお勧めします。)

慢性的な頭痛ということですと、
筋肉の緊張にしても、
血管の二次的な拡張のどちらにしても、
交感神経優位による興奮と緊張が大きな原因です。

可能であれば、
自分がリラックスできる空間と、
時間を持つことが大切です。