ヘルニア・狭窄症・関節炎と痛みは関連しない可能性

ヘルニア・狭窄症・関節炎と
痛みはあまり関連しない。

1211人の健康な方の椎間板ヘルニア、脊髄の圧迫状態を
MRIで撮影するという日本人による研究があります。

Abnormal findings on magnetic resonance
images of the cervical spines in 1211 asymptomatic subjects.

Nakashima H, et al. Spine (Phila Pa 1976). 2015.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/25584950/

約88%が椎間板が膨隆しており、年齢とともに割合が増えていくが、
20代でも約70%以上が膨隆していたとの結果です。

痛みなどの症状がない方でさえ、
頻繁に椎間板が変化していると。

この論文以外にも同じような説を唱える方が増えています。

これはMRIやX線と痛みを相関させて考えてしまう
慣習とは相反する研究結果です。

ヘルニアも最近は手術ではなく
保存療法をとることが増えて来たと聞きます。

脊柱狭窄症と痛みとの相関性がないという研究。↓

Spinal stenosis, back pain, or no symptoms at all?
A masked study comparing radiologic and
electrodiagnostic diagnoses to the clinical impression.

Haig AJ, et al. Arch Phys Med Rehabil. 2006.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/16813774/

関節炎も腱鞘炎も、同じようなことではないか?
と私は考えています。

もちろん中には、それらに当てはまる方もいるとは思います。

しかしこれらのような研究を見ると、
当てはまっても少数だと考えられます。

科学的根拠を重視すると、
いままでの常識がひっくり返ります。

ではなぜ痛みを感じるのでしょうか?
それは神経と脳による影響が考えられます。