【神経と肩こり】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経の圧迫によるもの

kata

頸椎椎間板ヘルニア

骨と骨の間にある椎間板というクッションが、飛び出して神経を圧迫してしまう状態です。しかしヘルニアだからといって痛みが出ない方も多くいらっしゃいます。

頸肩腕症候群

痛みや痺れがあるが、検査などで原因不明とされたものを呼びます。

胸郭出口症候群

腕神経叢という神経の束や血管が、骨や筋肉に圧迫されて起こりむす。痺れやだるさといった症状があります。

手根管症候群

手首の手根管という靭帯に挟まれた部位で、神経が圧迫されることで起きる。それが肩の神経まで影響することもある。

長胸神経麻痺

リュックサックを背負う方に多く見られる症状で、肩の前方で、長胸神経が圧迫されます。腕が上がりにくいなどの症状が現れます。長胸神経は前鋸筋を支配しています。スポーツでの使い過ぎなどにより伸張や圧迫が過度に起こり、翼状肩甲という肩甲骨の内側が盛り上がったようになる場合もあります。

腋窩神経麻痺

脇の後ろ側で複数の筋肉により圧迫されることで、腕が上がりにくくなってしまいます。また三角筋の外側が萎縮する場合もあります。

筋皮神経麻痺

腋窩や筋肉の過緊張などにより圧迫されると、肘をまげにくくなります。また前腕の外側に痛みや違和感が現れます。

肩甲背神経絞扼障害

肩甲骨の内側の筋肉を支配する神経が、主に頸部にある中斜角筋に圧迫される。

肩と首は脳神経由来の神経

首のコリに影響が大きい、首の全部についている胸鎖乳突筋と、肩こりに影響が大きい肩の上部にある僧帽筋は、副神経という名前の脳神経と直接繋がっている珍しい部位です。そのため、精神的&ストレスによる影響も受けやすいのです。その他にも副神経は、最大の副交感神経と言われる、迷走神経も出ているので、緊張やリラックスにとってとても大切な脳神経なのです。

その他の原因によるもの

内臓の影響

内臓の影響で肩こりが起こることもあります。肝臓と胆のうは右肩に、肺、横隔膜、胃腸、心臓、膵臓は左肩に症状が現れます。

肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節とその周りに炎症が起こり、痛みや動きにくいといった症状が起こります。関節を包む組織、腱、筋肉の付着部などです。
痛みは主に夜間に起こります。他にも肩腱板損傷、肩石灰沈着性腱炎などがあります。

肩こりは、この他にもパソコンやスマートフォンによる一定の固定された姿勢、ショルダーバッグの片方掛け、冷えによる血流不足、ストレス、運動不足など様々な原因が重なって起こります。

また、肩こりと思っていても、実際は腕の上部のこりであったり、指の使い過ぎなどの原因もあります。

肩は、頭部、首、上肢、手の指と密接に関わってきます。

慢性症状, 肩こりの原因