【神経と腰痛】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経の圧迫によるもの

koshi

腰痛については85%が原因不明と言われています。また「腰」という範囲も限定が難しく、臀部、鼠蹊部、太ももの後ろ側、仙骨、腰椎など様々な部分が関係し合ってますし、精神的なストレスの影響も大きく受けています。

上臀皮神経障害

臀部にある上臀皮神経が、骨盤の腸骨という骨にあたり、圧迫されて痛みや痺れが発症します。

梨状筋症候群

臀部にある梨状筋という筋肉の緊張や収縮により、坐骨神経が圧迫され、痛みや痺れといった症状があらわれます。

坐骨神経痛

腰の脊椎から臀部、大腿を通る太い坐骨神経が、様々な理由で圧迫され、臀部や下肢に痛みや痺れが生じる症状です。椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、臀部や腰部の筋肉の緊張などが原因となります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰の脊椎と脊椎の間にある椎間板というクッションが、飛び出して神経を圧迫したもの。痛みがない方も多くいらっしゃいます。

腰椎すべり症

脊椎と脊椎がずれてすべって、神経を圧迫する症状です。

腰部脊柱管狭窄症

脊椎の内部の管が狭くなり、神経を圧迫する疾患です。高年齢化と共に多く発症します。また腰椎すべり症も含みます。脚の痛みや痺れ、歩行困難を伴います。背中を反らせると余計に管が狭くなるので、前かがみになる方が多いのが特徴です。

脊髄終糸症候群

脊髄の下方先端にあり、脊髄が滑走したときクッションのような役割をしています。この糸状の組織が硬く伸びにくく、前かがみになると腰痛、下肢痛、腹痛などの症状が出ます。

前皮神経絞扼症候群

腹部の神経が、腹壁によって圧迫されて痛みがでる。

その他の原因によるもの

ギックリ腰

急性痛があるのに検査で何も原因がわからない急性腰痛症を指します。上記の様々な疾患により起こることもありますし、日頃の慢性的な疲労が原因のこともあります。

腹部大動脈瘤

大動脈という太くてとても大切な血管が、感染、外傷、炎症、高血圧や高血糖による動脈硬化によって拡張が起こることです。破裂すると命に関わる危険な疾患です。
腹部や胸、背中や腰に痛みが出ることがあり、早期発見がしにくいので注意が必要です。

内臓からの腰痛

腎臓や膵臓の疾患により、腰痛となる場合があります。

心因性腰痛

ストレスや怒り、不安、疲労、不眠、自律神経のアンバランスにより起こる腰痛のことです。痛む箇所が一定ではなく移動することもあります。

 

 

慢性症状, 腰痛の原因