【闘争や逃走の状態、交感神経優位とは?】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

交感神経優位の特徴

自律神経は、生存に関する無意識的な働きをコントロールしている神経系で、基本的に自分自身ではコントロールできません。

というのも、心臓、呼吸、内臓など生命に関わる重要な働きだからです。

だからこそ、ストレスにより自律神経の「交感」「副交感」バランスが取れなくなっても、自分自身で調節できないのです。

「交感」と「副交感」神経は逆の働きだと考えて下さい。

副交感神経の働きは休息です。

交感神経は「闘争と逃走」の働きです。

・仕事
・興奮
・緊張
・恐怖
・焦り
・苛立ち

のような状態です。

短期間だと生存に関して大切な反応なのですが、その状態が日常的に続くと、下記のような交感神経優位の害が生じてしまいます。

・遠くが見えやすくなる=近くのものが見えにくくなる、眼の疲れ。

・唾液が減る=口の中が乾きやすくなる、口臭、免疫機能の低下。

・気管支が開く=呼吸が早くなるので、しっかり息を吐けない。浅い呼吸になる。

・血圧が上がる=高血圧、血管に負担をかける。

・心拍数が上がる=心臓に負担をかける。

・消化吸収が止まる=胃腸の調子が悪い、便秘や下痢を繰り返す。

・尿が出にくくなる=むくみ、身体に毒素が溜まりやすくなる

・皮膚や手足末端への血流が減る=手足の冷え

・痛みが抑制=無理をして身体に負担をかけていても気がつかない。慢性的なコリの原因になる。

・筋肉への血流量の増加=動きやすくなりますが、それが長く続くと負荷がかかりすぎてしまう。筋肉の慢性的な疲労に繋がる。

内臓や粘膜の働きも悪くなるので、免疫機能も低下し、風邪をひきやすくなる。

自律神経のアンバランスとは、交感神経優位になりすぎたり、副交感神経優位になりすぎる状態のことです。

慢性症状