【カラダの歪みと痛みは一致しない?最新の構造と姿勢についての考え方】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

構造や姿勢について

首・肩こり・腰痛などの不快な感覚は、構造や姿勢など筋骨格系を正しても変化は一時的で、すぐに元に戻ってしまいます。何故でしょうか?

例えば、

・骨格の非対称性
・脚の長さの左右差
・背骨/骨盤の歪み
・筋力のアンバランス

これらは不快な感覚の直接的な原因にはならないという研究結果があります。

例えば、首に不快な感覚を訴えていない人の頚椎の状態を調べると、80%の人にヘルニアがあるというデータがあります。

つまりヘルニア=不快感覚ではないということです。腰痛にも当てはまります。

また、骨格が非対称でアンバランスであっても、不快感覚を訴えない人の方が多くいらっしゃいます。

そう考えていくと、「不快感覚・症状」というものは、筋骨格系のゆがみとは相関性がないのです。(重度の変形の場合はもちろん異なります)