【神経と首こり】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経の圧迫によるもの

斜角筋症候群

斜角筋と呼ばれる首の筋肉の緊張や肥大による、腕神経叢という神経の束と血管の圧迫により、痛みや痺れ、手先の冷たさや変色が起こります。肩こりの項目に記載した、胸郭出口症候群の一つです。

頸椎症

首の痛み、手の痺れ、また足などにも同じような症候がでることもあります。原因は、首の骨の椎間板のクッション性が減少して、神経に触れてしまうため。また、靭帯の石灰化や骨化、頸椎に骨棘といった棘が形成されてしまうこと。首の過度の緊張や筋肉の収縮により起こる可能性があります。

頸椎椎間板ヘルニア

首の骨と骨の間のクッションとしての役割がある、椎間板が飛び出て神経を圧迫するものです。これも痛みが出ない方も多くいらっしゃいます。

脊柱靱帯骨化症

脊柱を支持している靭帯が骨化していき、神経を圧迫する疾患です。原因は不明とされており、手足のしびれ、肩首の痛みが起こります。外からの衝撃による悪化が起こる為、転倒、強いマッサージ、カイロなどは禁忌となっています。

頸椎すべり症

脊柱がずれて、すべる為に起こる疾患で、痛みや痺れなどの症状が起こります。靭帯や椎間板の疲労や老化が原因とされています。

首と肩は脳神経由来の神経

首のコリに影響が大きい、首の全部についている胸鎖乳突筋と、肩こりに影響が大きい肩の上部にある僧帽筋は、副神経という名前の脳神経と直接繋がっている珍しい部位です。そのため、精神的&ストレスによる影響も受けやすいのです。その他にも副神経は、最大の副交感神経と言われる、迷走神経も出ているので、緊張やリラックスにとってとても大切な脳神経なのです。

その他の原因によるもの

ストレートネック

首の湾曲が無くなり、まっすぐになった状態を、ストレートネックといいます。
パソコンやスマートフォンによる一定の固定された首の姿勢による影響が多くあります。通常だと湾曲で支える力が分散されますが、まっすぐになってしまうと、負荷が多くかかります。しかしストレートネックでも痛みが出ない場合が多くあります。

頸椎捻挫・むちうち

自動車の事故よく起こります。原因としては首の筋肉の損傷や、頸椎の軟骨、靭帯、脊髄の損傷です。また、それらによる神経の圧迫や自律神経への影響もあります。痛み、熱、だるさ、動かしにくさ、めまいなどの症状が出ますが、人によってかなり違います。

顎関節症

口が開けにくくなったり、音がなる、痛みや痺れが起こるといった症状です。顎関節の軟骨の変形、靭帯の損傷、関節円板のずれ、炎症、外傷、歯科矯正や抜歯による影響、顎の筋肉の緊張、片方で噛む癖などが原因とされています。顎関節症に伴って首こりや肩りこが起こることもあります。

逆流性食道炎

胃液が食道まで逆流する症状ですが、その炎症により首が痛くなる場合があります。

その他にもデスクワークなどの固定化された姿勢、目の疲れ、枕の高さが合わないことによる首の緊張があります。

また、冷える時期によく起こる寝違えは、慢性的な疲労の蓄積がある刺激により起こる事です。冬場は首を冷やさないように、ネックウォーマーをすることをお勧めします。

慢性症状, 首こり