上殿皮神経など腰痛の原因となる神経-自由ヶ丘/田園調布/神経の整体サロン・東京デルモ

腰痛の原因となる神経

腰痛
Low-back-pain

腰痛の原因となる末梢神経をいくつかご紹介致します。

上臀皮神経

上臀皮神経
Superior-cluneal-nerve

腰椎1-3番の後枝の感覚神経です。

上臀皮神経障害

胸腰筋膜を通り、骨盤の縁である腸骨稜で圧迫され、しびれや痛みが出ます。このタイプの腰痛の方は、結構多い印象です。

中臀皮神経

中臀皮神経
Middle-cluneal-nerve

仙椎1-3の後枝の感覚神経です。

中臀皮神経の絞扼

仙椎から出た後、長後仙腸靭帯の間を通ったりするときに絞扼されることがあり、しびれや痛みを感じます。

下記は、日本の医師による、中殿皮神経絞扼の論文です。

Entrapment of middle cluneal nerves as an
unknown cause of low back pain /Yoichi Aota.

下臀皮神経

下臀皮神経
Inferior-clunial-nerve

仙椎1-3から出て、坐骨神経と共に下り、坐骨結節と大転子の間を通る後大腿皮神経から枝分かれする感覚神経です。

脊髄神経の後枝

脊髄神経の後枝
Spinal cord-dosal-rami

脊髄神経の後枝です。それぞれの脊椎から出ています。感覚神経と運動神経の両方があります。

外側大腿皮神経

外側大腿皮神経
Lateral-cuteneous-nerve-of-thigh

腰椎2-3番からでて、大腰筋を貫通し、上前腸骨棘の内側から鼠径靭帯をくぐり、大腿の外側に分布する感覚神経です。

外側大腿皮神経の絞扼

きついベルトや下着などで圧迫されることと、大腰筋の慢性的な収縮により、貫通している神経が絞扼されて、
しびれや痛みが現れます。

胸腰筋膜の神経

胸腰筋膜とは、背中から腰にかけて分布する強くて硬い筋膜です。

広背筋、腹横筋、腹斜筋、大臀筋、脊柱起立筋群などと繋がりがあります。

その胸腰筋膜には多数の神経終末が分布しているという研究があります。

※下記文章を引用します。

「胸腰筋膜の皮下組織および外層は、感覚繊維で特に密な神経支配を示した 」

「恐らくは侵害受容性繊維を含むその高密度感覚神経支配のために、胸腰筋膜は腰痛に重要な役割を果たすかもしれない。」

そして、その感覚神経線維には侵害受容性のものが含まれている。

Sensory innervation of the thoracolumbar fascia in
ats and humans/J. TesarzU. HoheiselS. Mense.

まとめ

腰痛は、立ち仕事や、座りのデスクワークで起こりやすいのですが、これは神経自体のテンションを考えると分かりやすいです。

上殿皮神経を例に挙げますと、座り仕事ではテンションがかかります。

そして立ち仕事ではテンションは減りますが、それに関係する筋肉の持続的な収縮や大腿の他の神経の感作状態により、上殿皮神経自体も敏感になる事があります。

また、手や腕の使いすぎにより、広背筋(胸背神経)に負荷がかかり、その影響で、胸椎や腰痛から出ている皮神経が圧迫されやすくなることも可能性として考えられます。

腰痛でお悩みの方は、筋肉だけではなく、神経の可能性も探ってみて下さい。

Posted by shin