【筋肉にも神経がある?神経と筋紡錘の関係】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経と筋紡錘(マッスル・スピンドル)

スピンドルは紡錘状のことです。

筋紡錘の目線でお話しすると、普通の筋肉のことを「錘外筋」といい、その筋の中にある特殊な組織を「錘内筋」といいます。

筋紡錘」とは、錘内筋線維と、下記の神経繊維を合わせた組織のことです。

【運動神経】
脳→錘内筋線維へ、収縮する信号を伝える神経が、γ運動神経

γ運動神経の働き
骨格筋が収縮したときに、筋紡錘線維は緩んでしまい、センサー機能が弱くなります。それを避けるために筋紡錘線維を収縮させて、筋紡錘のテンションを維持するのがγ運動神経の働きです。

※脳→錘外筋(骨格筋)へ、収縮させる信号を伝える神経は、α運動神経といいます。ちなみにαとγ両方の働きをする、β運動神経というものもあります。

【感覚神経】
錘内筋線維→脳へ、伸びた時に信号を伝える感覚神経が、IaとII感覚神経

つまり筋紡錘には、
脳から錘内筋線維へと収縮信号を伝えるγ運動神経と、錘内筋線維が伸びたことを脳へ伝えるIa・II線維があります。

筋紡錘の働きは、筋肉のテンションを感知するセンサーな役割です。