【神経の圧迫と緊張テンション】 神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経の圧迫

「末梢神経圧迫」の図です。神経は束になっており、太い神経の方が、結合組織が少ないので圧迫には弱いです。


共に一時的なら耐えられますが、慢性的な圧迫や伸張が加えられると、慢性的な血流不全となり、栄養不足、老廃物の排出困難となります。

図は「Nerve Injury and Repair ,G.Lundborg」より。

【神経が圧迫される原因】

①神経が骨にあたる部位
上腕の骨、上臀部の骨盤、脛骨頭など。

②神経が筋肉や靭帯に挟まる部位
首の筋肉、手首、足首、前腹部など。

③神経が筋膜から出てくる出口
頭部を含めた全身に多数ある。

④神経が血管の下を通過する部位
扇状に広がった血管が、神経を使う固定し圧迫する。

⑤傷跡や慢性的な刺激による神経の線維化
外傷後の傷跡が硬くなることと、慢性的に同じ刺激を与え続けている部位の線維化。それによる圧迫。

⑥神経が分岐する点
構造的に負荷がかかりやすい。

習慣による圧迫

①肩掛けバッグ
いつも同じ側の肩にバッグをかけてしまう。同じ部位の神経の圧迫。

②きつい服装・靴・靴下
脇の下、鼠蹊部、腹部、臀部の神経を圧迫してしまう。

上記のような様々な条件により、神経内への血管は圧迫され、痛み、しびれ、知覚鈍麻、知覚過敏、腫れ、可動域の低下となります。

神経の圧迫の詳細

神経は束となり、神経上膜の中にある。そしてその束を包んでいるのが周膜、そしてさらに内側に内膜がある。

足を組んでしばらくすると痺れが生じ、感覚がなくなり動かしにくくなる。しかし数分もすれば回復する。

これは外部からの圧により、神経周膜を斜めに貫く血管への圧迫が起こり、神経周膜と内膜内が酸欠状態となるため。

そして伝導障害が起こった結果、しびれ、感覚鈍麻、痛みなどが起こる。

神経の緊張(テンションが掛かる)

「末梢神経にテンションが掛かる」図です。神経の上下にくるくるした紐のようなものがありますが、これが神経への血管です。過度にテンションがかかると血管が伸びてしまい、神経への血流が阻害されてしまいます。老廃物の排出ルートですが、末梢神経の内部にはリンパはなく、あるのは静脈のみです。そのため内圧が高まり神経内の血流は閉塞されます。

ニューロパチー(末梢神経障害)

ニューロパチーとは、末梢神経障害のことです。原因は様々で、内臓疾患、感染症、血管炎症、自己免疫疾患などがありますが、ここでは絞扼性(機械的、捕捉性)のニューロパチーについてお話しします。
絞扼性神経障害

末梢神経が色々な部位に圧迫(絞扼)されることで、起こります。

筋肉を収縮させる「運動神経」が圧迫されると、筋力が低下したり、筋肉が萎縮します。

様々な刺激を感受して伝える「感覚神経」に圧迫がおこると、しびれ、痛み、感覚低下が起こります。

圧迫(絞扼こうやく)部位は、筋膜の出口点、筋肉で圧迫されやすい部位、靭帯や骨に挟まれる部位、血管に挟まれる部位で特に起こります。

慢性症状, 末梢神経