「末梢神経は動く?意外と知らない神経の滑走」神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

末梢神経は動く?

腕や脚を動かすと、筋肉だけではなく末梢神経も動きます。これを「滑走」といいます。
勿論、脊椎の中の神経も滑走します。

ストレッチする時に、筋肉は意識しますが、同時に末梢神経もストレッチされます。

この図のように、仰臥位で下肢を進展させて頭部を屈曲すると、神経が進展し、場合によっては痺れや痛みが出ることもあります。

それくらい神経の滑走は重要です。

「動かしにくい」という時、骨と関節の位置関係や筋肉・筋膜の緊張が思い浮かぶと思います。しかし、神経の上膜、髄鞘、結合組織の炎症や線維化により、神経の滑走が悪くなる場合も多くあります。

運動(動く)ことにより、神経の滑走をスムーズにして神経自体の緊張度を下げる働きがあります。また循環が滞っている神経の組織液の分散が、運動中に起こる神経内圧の変化によって進みます。

神経の組織液は脳脊髄液なので、間接的に脊柱の循環と濾過が促進される可能性があります。

他にも、軸索の伝導の向上、神経への血流改善、神経の組織液の改善による必要な物質輸送と不必要な物質の排出が起こりやすくなります。

また、肘や股間節を屈曲させ、頭部を床につければ神経系へのテンションも下がり、負荷は減ります。

図は「バトラー神経系モビライゼーション」から。

末梢神経