神経の理論

神経について

神経とは、中枢神経(脳)、末梢神経、自律神経など身体をコントロールする大切な器官です。下記は、末梢神経とその血管の図です。

末梢神経への血管はテンションが掛かったり圧迫を受けると、血流が障害されてしまいます。

日常の姿勢や身体の使いすぎ、運動不足により、末梢神経自体への血流が滞ることで、神経は脳へ警戒信号を送ります。

結果的に「だるい」「重い」「痛い」「しびれる」などの不快な症状が表れます。

また、神経の血行が滞ると、酸素や栄養が不足、老廃物が排出されないといった事が起こります。

神経自体は滑走(動く)します。神経が緊張すると、神経の滑走も滞り、身体を動かしにくいといった事も起こります。

さらに神経の伝導が阻害され、身体の違和感も生じます。

慢性的に脳も疲労してしまい、自律神経のバランスもくずれ、「眠れない」「頭が痛い」「疲れが抜けない」「手足が冷える」といった不快な症状も起こります。

肌の神経をゆるめることで、自律神経のバランスも整い、神経の血流も促され、芯から自然治癒力を再生していきます。

▷ 更に詳細な理論はこちらのページ