「操体法を神経科学から読み解く」を出版。

操体法を神経科学から読み解く

「操体法を神経科学から読み解く」を出版しました。

整形外科の医師が生み出した手技療法である操体法。その快適感覚を重視する意味を、最新の神経科学から読み解くことで今まで分からなかった操体法の効果や素晴らしさを実感できます。操体法は、中枢神経である脳を含めた神経系(末梢神経・自律神経)へのアプローチです。世界へ広まるほどの潜在的な力を持っている「Sotai」を更に深めてみませんか?

~ 目次 ~
1.操体法とは?
2.神経とは?
3.快と不快は中枢神経によるもの
4.末梢神経の構造
5.姿勢による末梢神経への影響
6. 実際の操体法と神経
7.皮膚の構造と感覚受容器
8.皮膚の操体法
9. 息食動想環とバイオサイコソーシャル

まずはAmazonのKindleにて発売ですが、近いうちに紙媒体の本でも出版予定です。
専門家or専門家を目指す方向けですが、神経や皮膚に興味がある方も是非ご覧ください。

■このような方へ

・操体法に興味がある方
・操体法の科学的根拠が知りたい方
・操体法でもっと効果を出したい方
・皮膚へのアプローチを知りたい方
・皮膚、神経に興味がある方
・タッチング、タッチケア、ソフトな整体、ソフトなオステオパシーをやってる方

■本の詳細
・書名「操体法を神経科学から読み解く: 快適感覚は神経系へのアプローチ」
・著者:岩吉新

・価格¥1,250 Kindle版 紙の場合約106P ※データ容量が多いのでPCからダウンロードしてください。

Amazonのページ