常識は科学的根拠からみると非常識。 dermoでしないこと(骨盤矯正、小顔矯正、腸もみ、強いマッサージ)-自由ヶ丘/田園調布/神経の整体サロン・東京デルモ

常識は、
科学的根拠から見ると
非常識。

・小顔矯正/頭の矯正
→頭部の骨は大人であれば、しっかりくっついて動きません。体重を掛けたり強い力で押すことは危険です。顔への施術はソフトへ行うことが重要です。

・骨盤矯正
→骨盤には仙腸関節がありますが、わずか数ミリしか動かず、しかも手技でそれが動くというエビデンスはありません。ちなみに骨盤周りには沢山の皮神経があります。

・脊柱の矯正/カイロ
→脊柱に亜脱臼(ズレ)という状態は基本的にありません。あれば大ごとですので、病院に行くべきです。頚椎へのスラストは国から危険視されています。

・筋膜リリース
→筋膜は皮膚層の下にあり、手で伸ばすことは物理的に不可能という研究があります。またその影響は全身に波及しません。

・リンパマッサージ
→リンパの流れは大切ですが、全身を流れるのに1日くらいかかると言われています。施術での効果は一時的です。気持ちのいい範囲であれば、心理的なリラクゼーション効果は高いと思います。

・経絡/ツボ(鍼など)
→気の流れ道があるというエビデンスはありません。逆に鍼の効果の多くは、プラシーボという研究があります。そしてツボの多くは神経の出口点と言われています。

・美容鍼
⇒上記と同じく、エビデンスもなく、顔の血管や神経を傷つける恐れがあります。さらに皮膚が瘢痕化(繊維質で固くなる)する可能性もあります。

・腸もみ/内臓調整
→エビデンスはなく、内臓を痛める危険性があります。浅い部位に行うなら皮神経のリラクゼーション効果はあります。

・強く揉む/押す
→むしろ筋肉の緊張が増えてしまい、脳も余計に警戒します。もみ返しは組織の損傷です。


・姿勢/構造の評価と検査
→痛みなどの不快感と、一時的な姿勢の評価に関連性はないという研究が多数あります。足の長さの違いや骨盤の歪みと痛みとの関係ありません。

・科学的に見て根拠のないことは勧めません。
→デトックス、宿便、セルライト、水素水、ホメオパシー、レイキ、気功、邪気云々、エネルギー療法、サプリメントなどは基本的にお勧めはしません。

では、どのような理論に基づいているのがいいのでしょうか?

私は、様々な研究論文を読み、著名なPTなどの先生とのコンタクトにより、「神経系」を重視した徒手療法がふさわしいと考えました。そして東京の田園調布Dermoにて施術を行っております。

 


 

Dermo’s
Concept

科学的に考えるからこそ、効果が高く、身体に優しい。


最新の科学的根拠に基づき、海外の神経理論を研究した理論と技術で、「気持ち良くて芯から癒された」と喜んでいただける施術をする。

dermo/デルモは、品質本位の
身体に優しい神経へのアプローチを追及しています。

神経・脳
科学的根拠。

-神経-
神経の血流を改善。

神経自体にも血が流れていています。その流れが滞ることで、「コリ、不快感、むくみ」が現われてしまいます。

心地の良い圧とゆらすことで、神経の血流を改善し、コリや不快感を癒します。

-脳-
原因である脳を変える。

不快感(だるい、重い、疲労感など)は、脳が生み出しています。

脳を神経の流れを改善したり、動かすことで、変えます。

-科学的根拠-
客観的な理論から、
安心と安全が生まれる。

最新の知見を常に取り入れ続けることが、効果的で身体に負担のない施術に繋がります。

トップページはこちら

Posted by shin