大腰筋を触れてゆるめることについての疑問-自由ヶ丘/田園調布/神経の整体サロン・東京デルモ

大腰筋を手で触れてリリース?

大腰筋とは

腰部や腹部の体幹部と、下半身を繋げる大切な筋肉です。

とくに膝をあげたりする、股関節の屈曲に関わり、歩行をするのにとても重要です。

大腰筋
Psoas

この大腰筋をリリースするという名目で、腹部の腹直筋の横に指先を深くいれる手技が、オステオパシーなどであります。

問題点

腹部から大腰筋を触診しようとすると、必ずその手前にこれらの組織が存在しています。

1.腹部の皮神経、細い血管類。

2.大腸や小腸、奥深くには腎臓。

3.交感神経幹とその線維。

4.腹部の太い血管。大動脈。

これらの存在をスルーして、奥にある大腰筋に触れることはできるのでしょうか?また間接的に圧力を届かせても、大腰筋が変化するのでしょうか?解剖学的には不可能です。

それよりも上記の組織を傷つける恐れの方が高いのが、現実的だと思います。

下記参考文献ページ、Serious warningには、軽い虫垂炎だった患者さんに大腰筋リリースを行なったことで、破裂したとの文章が載っています。


参考文献:
・Psoas… release me, let me go!/Adam Meakins / March 26, 2014

・SERIOUS WARNING – If you do any releases to your Psoas or Abs, you MUST READ THIS /Antony Lo / 21 Jan 2015

・Psoas, So What?
Massage therapy for the psoas major and iliacus (iliopsoas) muscles is not that big a deal
/updated Feb 3, 2017 (first published 2010) by Paul Ingraham, Vancouver, Canada bio/


まとめ

表層にある皮膚や神経を触らずして、筋肉や骨を触ることは不可能です。

また内臓マニュピレーションなどもありますが、
危険性が高いと思います。大腰筋リリースも同じです。神経や血管、ましてや内臓を無視して
筋肉をターゲットにするのは間違っています。

ではなぜリリースされたように感じるのでしょうか?

それは腹部にある皮神経がゆるむこと。

そして、股関節を屈曲させた肢位にすると、腰から出ている鼠蹊部近辺の大腿神経のテンションがゆるむこと。坐骨神経全体のテンションもゆるむこと。

また大腸への刺激により、腸の内容物が動く可能性もあります。しかしそれは表面だけでも可能です。

Posted by shin