坐骨神経痛・足底筋膜炎と神経

坐骨神経痛・足底筋膜炎と神経

坐骨神経
Sciatic-nerve

坐骨神経

坐骨神経は、腰椎4番-仙椎3番から出て、
足底まで分布する、
身体の中で1番太く(1cm位)、1番長い神経です。

長いということは、
色々な箇所で圧迫されやすいとも言えます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、臀部や下肢に
しびれや痛みが生じる症状です。

立ち仕事や、座りっぱなしの仕事の方で、
坐骨神経痛になる方がいらっしゃいます。

その坐骨神経痛になる、
様々な原因を下記に記します。

腰部脊柱管狭窄

脊椎の中を通る脊柱管が、骨や靭帯の変性、
すべり症や椎間板ヘルニアなどによって、
狭くなり脊髄や神経根が圧迫されます。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは背骨の一個一個である、
椎骨と椎骨の間にあるクッションです。
それが外に飛び出て、神経を圧迫します。

脊椎すべり症

腰の脊椎が、前方や後方などに
ずれてしまうことを言います。
前方にずれた場合、腰を反らす動作は
症状を悪化させてしまいます。

梨状筋症候群

殿部にある梨状筋という
筋肉の緊張により圧迫されます。

総腓骨神経の圧迫

総腓骨神経は、坐骨神経が膝のあたりで分枝し、
外側の細い骨(腓骨)を前に回り下っていく神経です。

膝の外側にあるその腓骨の頭部分で、圧迫されます。

坐骨神経痛とは異なりますが、同じ神経なので、
相互に影響する可能性があります。

つまり坐骨神経痛の方は、
この神経にも影響を受けやすく
敏感になっているということです。

脛骨神経・足根菅症候群

坐骨神経から膝のあたりで
枝分かれした脛骨神経が、
足首の屈筋支帯で圧迫され、
足根管症候群を起こすことがあります。

足底神経

足底神経とは、坐骨神経から
枝分かれしてした脛骨神経が
足裏まで分布していますが、
その足裏部分の神経のことを示します。

足底神経
Plantar-nerve

足底筋膜炎と神経

足底筋膜炎とは、足の裏にある膜状の腱が、
スポーツや立ち仕事などで炎症し、
歩くたびに痛みが出ることを言います。

この足底筋膜炎と同じような症状が、
足底神経の圧迫などでも起こります。

モートン病

足趾3と4の間、深横中足靱帯の
圧迫により起こります。
足裏のその部位がしびれたり
痛みが出たりします。

まとめ

坐骨神経は長い神経なので、
臀部、膝、腓骨頭、
足首、足裏などで圧迫されやすく、
問題が生じやすい神経でもあります。

骨、関節、筋肉だけではなく、
神経を大切にしてみてください。