操体法の実際のやり方~腰痛・骨盤調整に効果的なセルフケア方法~


自宅でできる!操体法のやり方

操体法(そうたいほう)の実際のやり方を2つお伝えします。自宅で寝る前にセルフケアとして行うと効果的です。

ポイントは3つ。

1.不快感を感じたら動きの途中ですぐやめる。無理をしない。義務にしない。

2.目を閉じた状態で、出来るだけゆっくり動く。身体の感覚に集中する。

3.心地よさ(快適感覚)を感じたら、十分に味わって、もういいかな?と思ったら脱力する。もう一度同じ動きをしたければ行う。したくなければ行わない。

両膝たおし

両膝たおしの操体法

①仰向けに寝て両膝を立てる

②まずは右に、ゆっくりとたおしてみる。

③もし不快であれば止める

④心地よさを感じれば十分味わてから脱力する。もう一度行いたい感じがあれば行う。

⑤行けるところまで行っても何も感じなければ止める。

⑥今度は逆の左方向も同じように試してみる。

脊椎や臀部の神経、骨盤周囲の神経、また伸ばし方によっては胸の神経もストレッチされます。

足の押し込み

足押し込みの操体法

①仰向けに寝て両膝をのばす

②まずは右足を、ゆっくりと押し込む。

③同じ側の手を頭上に伸ばす。

④右の脇腹が伸びるようにする。

⑤もし不快であれば止める

⑥心地よさを感じれば十分味わてから脱力する。もう一度行いたい感じがあれば行う。

⑦行けるところまで行っても何も感じなければ止める。

⑧今度は逆の左方向も同じように試してみる。

脇腹の神経、股関節や臀部付近の神経、腕の神経がストレッチされます。

より詳しく操体法セルフケアを知りたい方へ

19種類のポーズを分かりやすい図入りで記載した、「操体法セルフケア~心地よい神経のストレッチ~」という本を、AmazonよりKindleと紙本で出版しました。

操体法とは何か?心地よさとは何か?快適感覚が分からないという人にも分かりやすく説明していきます。下記リンクよりAmazon詳細ページをご覧の上、ご購入下さい。

Posted by shin