【歪みはあって当たり前】

 

歪みとは?

姿勢・構造
Posture

歪体

骨盤が歪んでます。

首が歪んでます。

身体が歪んでます。

よく、ちまたで聞きますね。

歪みってそもそもなんでしょうか?

漢字をそのまま分解すると、

歪み=不正。つまり正しくないという意味になります。

正体とは何でしょうか?

骨という視点で考えると、

この図は実際の骨盤の写真をイラストにしたものです。
骨盤の高さには左右さが少なからずあります。

骨は左右対称に見えて、結構偏りがあります。
関節の軟骨も同じです。また、背骨の突起の形も人によって異なります。
足の長さも左右全く一緒というのは考えにくいです。

このイラストも写真からおこした股関節です。
角度も違えば長さやソケットの形も異なります。

筋肉という視点で考えると?

筋肉も使えば繊維が太くなりますし、使わなければ細くなります。
筋肉の長さも左右対称とは限りません。
もちろん繊維の数も左右で同じではありません。

つまり左右対称がただしい訳ではないという事。
内臓自体も左右非対称です。
心臓、肝臓、肺、膵臓、脾臓、腸の方向など異なります。
例えば肝臓の重さは右にかかります。

そして、ある研究結果では、
上記のような構造的な偏りと痛みとの相関性は、
「ない」というものもあります。

歪んでいて当たり前

正しい姿勢、正しい構造は理想論でしかありません。

目指すべきは、神経系や循環系に負荷をかけない姿勢です。

歪み(不正)→身体にとって効率が悪い。

正しい→身体にとって効率がよい。

言い換えれば合理的ともいえます。

正・悪でみないこと。

なぜ今の姿勢になっているのか?

なぜその身体の使い方になっているのか?

それらが必ずしも悪いわけではないのです。

痛みから逃げている姿勢かもしれませんし、
小さい頃の教育や文化かもしれません。

ただ、身体に負担が掛かるから、
それを止めるようにするだけのことなんです。

悪いから止めるのではなく、
身体にとって負担になるから(効率が悪い)から変えるのです。

「歪みを取るために、矯正します。」

という言葉に違和感を覚えます。

矯正とは何ですか?身体を変えることができるのは、
ご本人にしか出来ません。それ以上であれば壊す可能性が高くなります。

一時的に矯正しても必ずより強い反動が返ってきます。

相互作用ということを意識することが1番重要だとわたしは思います。

神経から見た構造

構造、持続的な姿勢や動きによって、神経のテンションが変わります。
また、持続的な姿勢の偏りで、同じ筋肉か常に
収縮することで神経を圧迫することもあります。

神経の循環を促すためにも、同じ姿勢を取り続けないようにして
色々動くことが、神経に対していい影響を及ぼします。