【肩こりの原因①?肩甲上神経/女性に多い肩の悩み】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

肩こりの原因①肩甲上神経

女性は肩こりでお悩みの方が多く、男性は腰痛の方が多いのは何故でしょうか?

 

今回は肩、特に肩甲骨の筋肉をコントロールしている「肩甲上神経」がテーマです。

画像を見てもらうと分かるように、首から肩を通り、さらに肩甲骨自体にも通っています。

神経による肩こりの原因

何故女性の方が男性より肩こりが多いのでしょうか?
・肩にバックをかける。

肩にバックをいつも掛けている癖があると、この神経が圧迫されてしまいます。

・下着。

男性と違い女性は上半身に下着を身につけます。肩にかけるヒモの部分もこの神経を圧迫してしまいます。

その他に男女共有の理由としてはこれがあります。

・パソコン・スマートフォン。

手をあげると、この神経はゆるむのですが、パソコンやスマートフォンのように手を使いながら下を見る動作は、この神経にテンションを掛けてしまいます。

肩甲上神経絞扼障害

この神経への圧迫が、骨棘、ガングリオン、常に使い過ぎなどにより過剰になると、肩甲上神経絞扼障害という名称がつきます。

症状としては、肩の痛み・しびれ・感覚異常・動かしにくい上げにくい、といったことが起こります。

自分でできるセルフケア

気になる肩の部分(押すと痛いなど)を反対側の手で、優しく肌に触れて気持ちのいい方向、痛みの出ない方向に伸ばします。1〜2分静かに待ちます。

再度確認で軽く押してみて、痛みが減っていれば成功です。ポイントは肌の表面から2mmくらいの深さの真皮を伸ばすイメージでやることと、痛みや不快感が出たらすぐに止めることです。

肩こりの原因