【腕のこり不快感と神経の圧迫】神経科学セラピー Neuro Relax 田園調布の整体

神経の圧迫によるもの

手根管症候群

手首の手根管という靭帯に挟まれた部位で、正中神経が圧迫されることで起きます。それが腕の神経まで影響することもあります。

橈骨神経麻痺

上腕の中央部で橈骨神経が圧迫されて、手が垂れるような下垂手になります。

肘部菅症候群

肘の内側で尺骨神経が圧迫されて、小指や薬指が伸ばせなくなります。他にもギヨン菅症候群といって、手首の辺りで圧迫することもあります。

後骨間神経症候群

肘の外側の神経が、筋肉や筋膜に圧迫されて痛みや麻痺が起こります。手の指が下がったような、下垂指という状態になります。

前骨間神経症候群

肘の真ん中あたりの神経が、筋肉や筋膜に圧迫されて、痛みや麻痺が起こります。親指と人差し指の第一関節が曲がらなくなります。

回内筋症候群

正中神経が肘のあたりの回内筋に圧迫され、手などに痛みや痺れが起こる。

その他の原因によるもの

バネ指

手の指の腱鞘炎です。痛みが出たり、手指が曲がったままの状態になります。

関節リウマチ

関節を覆う膜の炎症により、痛みや腫れ、動かしにくさが現れます。原因は不明とされていますが、自己免疫疾患のようになり自分の関節や軟骨や骨に炎症を起こしてしまうことから発症します。またきっかけはウィルス感染の場合もあります。

ガングリオン

手の関節近くにできるゼリー状のものが詰まった瘤。関節液が溜まると出来ると言われているが、詳しくは分かっていません。
神経の側に発生すると圧迫してしまい、痺れや痛みなどが出る事もあります。

ドケルバン腱鞘炎

手の親指付け根付近の腱鞘炎のことです。親指を使いすぎることにより痛みが生じます。

橈骨神経の感覚神経の枝が、絞扼されることでドケルバンと誤診される可能性があります。腕時計や腕輪などにより起こることもあります。